本文へ移動

商品ができるまで

発注を受けてから、納品までの作業過程です。
染色方法は 反応本染め捺染・顔料プリント・インクジェットプリントがあります。ここでは反応本染め捺染の作業過程を紹介します。
1.版下原稿作製
 
お客様と打ち合わせをしながら、デザイン・寸法などを決めていき、版下原稿を作製していきます。
デザインがお決まりの場合は、それをお伝えいただき、パソコンで原稿を作成していきます。デザインなどが決定していない場合でも、手書きなどでイメージなどをお伝えいただければ、原稿をお作り致します。
2.型  
版下原稿を元に色別に型を作製していきます。
原寸に出力した原稿にニス原紙を貼り付け、手作業で柄を彫っていきます。
色数に比例して型数も増えます。
3.染 色
指定された色を配合して作り、染色作業を行います。
生地を染め台に張り、型をあて、捺染と呼ばれる手法で染め上げます。
気温や湿度によって染料の乾き具合が変わるので、その都度作業の加減が調整されます。
4.水 洗 い
染め上がった生地を定着液に約6時間以上つけ込み、色落ちを防ぎます。その後に水ですすぎ、熱湯で煮立たせることで余分な染料を落とします。
色の濃さによって洗い作業の時間も調整されます。
 
5.仕 立 て
 
乾燥させた後、指定された寸法に裁断し縫製作業を行います。仕立て上がった品物を袋に詰めて納品となります。
ここまでの作業は注文を受けてから、10日〜2週間ほどで行います。
※お急ぎの発注の場合、納品日は別途相談承ります。
TOPへ戻る